のんびり台湾ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 散々な週末2

<<   作成日時 : 2005/01/20 02:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 次の日の朝、同居人に”謎のおじさんの正体”を教えてあげました。やはりまだ水道は使えなかったのでますます確信。安心して二度寝(…)。しばらくうつらうつらしていると、洗面所から声が聞こえます。どうやら同居人と昨日のおじさんのようです。「えー!?何でお家に迎え入れちゃってんの?心許すの早すぎ!」と眠気もすっかり覚めました。99%正規の水道工事だとは思うけど、1%はまだ疑っていたので…。昨晩は食べ物につられてついついドアを開けてしまうという大失態を演じてしまいましたが私は元来とっても心配性なんです。石橋を叩いて叩いて叩き壊すくらい。慎重過ぎてかえって危険!逆に同居人はひとなっつこくて調子がいいので少々危なっかしいとことがあります。イタリアでタクシーの運転手さんとジローラモさんばりのハイテンションでコミュニケーションをとった挙句にボッタくられそうになったのを私は忘れない…。

 おじさんが去った後、さっそく同居人を問い詰めました。そしたら、どうやら色々と工事についての説明を受けていたらしい。「5分後に水が流れるか確認してくれ」と言っておじさんは去って行ったそうです。今回の水道工事は1階のカフェに関係してるんだって。な〜んだ!詐欺じゃなかった!よかった〜!それにしても気の毒なのはおじさんです。おじさん、疑ってごめんよ…。やっぱり言葉はできないとダメだなあとつくづく思いました。いや、本当に…。
 反省しつつ、5分経ったので言われた通りに確認。が、水が出ない…。話が違うじゃん!っていうか、ハミガキしたいんですけど!顔洗ってお化粧したいんですけど!トイレ…!さっき反省したの取り消し!こういう日に限ってミネラルウォーターの買い置きがないんですよね。仕方がないのでポットの残り湯でなんとかしましたよ、ええ。トイレはお出掛け先まで我慢我慢。というわけで同居人は会社へお仕事に、私は西門町へ遊びに出かけました。

 おしまい。

 …と書きたいところですが、このままでは終わらず。

 お昼ごろに外出し、二人とも帰宅したのが6時くらい。水道もちゃんと使えるようになってました。でも工事が終わったばかりで水が少し濁っていて心配です。そこでお外でご飯を食べようかということになりました。わーい、外食!外食!と、喜んでいるのも束の間、寝室から
「ウォ〜〜〜〜〜〜!!!!!」
という同居人の叫び声が。何事…!?
慌てて寝室に行くと、目の前に広がるのは一面の水、水、水!
「キャ〜〜〜〜〜〜〜!!!!」
もう叫ぶしかありません(涙)。
 
 一瞬、寝室奥にある洗面所の栓を開けっ放しにして出掛けたのかと思いましたが、水はどうやら上から滲み落ちてくるようです。天井にできたうっすら茶色の染み、去年ペンキを塗り直した壁はめこめこ。バケツの水をこぼしちゃった!みたいな可愛いもんじゃなくって、ホースで水撒きました!ってくらい浸水してました。これ誰が掃除するんですか…。せめてもの救いはベッド周りが無事だったってことかなあ。とほほ。
 大家さんに至急来ていただいて、原因究明&これからどうするかの相談をしました。原因はどうやら上階に住む子供。断水していたときに蛇口で遊んでいて、そのまま開けっ放しにしちゃったんだって。それを知らない両親は子供を連れてお出掛け。そして帰宅…。家がこんな惨状なんだから、上はもっとひどいことになっているんだろうな〜。しかも水道代がとんでもないことに。想像するだに恐ろしい。

 更に階下へ被害が及ぶことを恐れ我が家の浸水は早急に処理されました。最初はどうしようかと思って途方に暮れたけど、大家さんが手伝ってくれたおかげでかなり早く片付きましたよ。大家さんが塵取りとデッキブラシで水を掻き取ること10分。その後を拭いてまわる私。ウロチョロする同居人(役に立たず)。大家さん、とっても頼もしかったです!それにしてもなんであんなに手慣れているのか…(よくあることなの?)。もちろん、お隣さんもこの大惨事に気づきお手伝いに参戦しようとしてくれましたよ。いつもありがとうございます。濡れた壁を乾かすために寒いなか扇風機を回し、ひとまずお掃除終了。
 今回のことは子供がやったことだし、故意ではないから仕方がありませんよね。ひとまずしばらく様子を見てからどこを弁償してもらうか決めることになりました。大家さんにすごく謝られちゃった。大家さん、全然悪くないのにねぇ。それにしても怒りもせず、冷静に対処した大家さんには本当に頭が下がります。でも、実はこの大家さん(男性)は日本に住む本当の大家(女性)さんの弟なのです。代理だから冷静なのかもって気もするのですが。本当の大家さん(姉)がこの状況を見たらとりあえずキレると思うんだよね〜。そして代理大家さん(弟)が「まあまあ」ってとりなすんだろうな。台湾女性は強いのです!でも、とりあえず一段落。

 とんだ休日になりましたが、お布団が無事でよかったです(ツラいときはよかった探し!)★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おじさんは詐欺師じゃぁなかったんですね〜。思えば、正規の水道工事やさんも大変ですよね。
それから、水漏れの件は、大変でしたねぇ〜(笑
感電や漏電しなかったのはなによりです。
piko
2005/01/20 20:49
故意ではないにしろ、上階の親子は誤りに来なかったのかな?大家さんは全然悪くないのにね。
sumomo
2005/01/20 23:40
私は陽江付近の島で泳いでるとき,「時間を教えて」と寄ってきた子供を物売りと思ったことがあります(懺悔)
れいるどっぐ
2005/01/20 23:44
>pikoさん
おじさん、詐欺かも!?って疑った瞬間から水道管もガス管も操作できる手ごわい敵に変わってました。いや〜、本当に申し訳なかったです。でもあんな時間に来るなんて、日本じゃNHKの受信料集金くらいしかありえないですよね。漏電と感電はなくて本当に良かったです!ご心配をおかけしました〜。
木野
2005/01/21 00:08
>sumomoさん
上階の方、謝りに来てないんですよ〜。でも大家さんと主人が二人で上階の人と事情を聞きに行ったので、そのときに話がついたのかも知れません。でも、家の状況とか上階の方も見るべきなんじゃないの?ってちょっと思いました。一応写真は撮っておきましたが。あ〜揉めないといいなあ…(涙)。
木野
2005/01/21 00:13
>れいるどっぐさん
ありますよね、そういうこと!日本人はとにかくカモにされ易いし、自覚あるからなんか気が張っちゃいますよね。私はベルギーで二人組のカップルに財布を鞄の中から取られそうになって、(ちょうど妹と喧嘩していたので)腹立ち紛れに博多弁で罵倒したおし、撃退したことがあります。臆病すぎて狂犬です。
木野
2005/01/21 00:18
すいません,懺悔スレッドにして(笑)

そういえば・・・私も独り人気のないところで撮影中に,下に置いてたリュックの上に2人組にスープ?を思いっきり溢され(あきらかにわざわざリュックの上を通過した先方の不注意),生まれてから使ったことのないような大阪弁で罵ったら逃げていきました。そんなキャラじゃないんですけどね。

いま思えば,逃げてくれてよかったです。仲間呼んで来て囲まれてたら,負けてたかも。
れいるどっぐ
2005/01/21 01:03
やっぱりいざとなったら母国語が一番迫力ありますよね。他人(家族を除く)に対してあんなに怒りをぶつけたのは生まれて初めてです。でも怒りつつも心の中では「刺されるかも…」と冷静に考えてる自分がいました。駅構内で人気も多少あったから無事だったのかも。

お互い海外では気をつけましょうね〜。
木野
2005/01/21 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
散々な週末2 のんびり台湾ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる